珪藻土とは800万年前の植物性プランクトン(珪藻)が、長年にわたり海底や湖底に堆積して化石化しそれからできた粘土状の泥土です。古くから、こんろ(七輪)、耐火煉瓦の原料や酒、ビールの濾過材、吸着、脱臭剤などとして幅広く利用されてきました。天井や壁に塗る事で室内の空気を快適な状態に保ちます。

壁の仕上げ材としてよく使われるビニールクロスは、種類も豊富で価格は安いかもしれません。しかし、珪藻土のような大きな効果は得られません。壁や天井は家の中でかなりの面積を締めます。そこに先人の知恵から生まれた珪藻土を塗る事で驚くほど空気が気持ちよく感じられると思います。

調室効果
室内の湿気を吸い込み、空気が乾いてくると、たまった湿気を吐き出しま す。これにより夏は涼しく冬は暖かい室温に近づけるお手伝いをします。結果、節電効果も期待できます。又、結露を防ぐのでカビやダニの発生を防ぎます。

脱臭効果
墨のような無数の細孔が生活臭や有害成分を吸着・脱臭するのでペットやタバコのにおいなどに効果があります。

断熱効果
無数の細孔により空気の層ができるため外気の熱を伝えにくくします。

防音効果
音の反響を抑制する働きが有ります。

施工について
現状ビニールクロスが貼られている上からでも施工可能です。その場合タッカーという機械でビニールクロスと壁とが剥がれにくくしてから、塗りの作業に入ります。又、補修やシミ等も取ることができるので、長い期間楽しむことができます。

20130219-062342.jpg